アットベリー ワキガ

アットベリーはワキガにも効果あり?黒ずみだけじゃない?

 

 

薬用アットベリーはワキやひじ、膝、乳首などの黒ずみケア、そして二の腕のブツブツケアとして人気の美容液です。

 

特にワキの黒ずみには使ううちに薄くなって、やがて目立たなくなった、消えたという方も多いです。

 

そして、ワキに使っているうちにニオイまで気にならなくなったという方も少なからずいらっしゃるようですね。

 

とくに夏の日の外出後や運動をした後の、汗を少しかいたワキがにおわなくなるって嬉しいですよね。

 

しかし、通常のワキ汗だけじゃなく、ワキガの症状自体には効くんでしょうか?

 

成分や使用者の口コミを見てみたいと思います。

 

 

アットベリーの消臭成分って?

 

アットベリーはたくさんの美容成分が含まれています。

 

その中で消臭成分があるのが「桑エキス」。

 

桑の葉は血糖値を下げる、血圧の安定、中性脂肪やコレステロールの低下など、身体にいい効果をもたらすことで知られています。

 

そのため、桑の葉は茶として飲用されたり、多くの青汁などのサプリに配合されています。

 

そして本題の「消臭成分」。

 

桑の葉には、フラボノイドが含まれています。

 

フラボノイドは「天然の消臭成分」と呼ばれ、これまた桑の葉を原料とした石鹸なども人気です。

 

桑エキスは桑の葉から抽出された成分ですので、防臭効果があるようです。

 

 

ワキガにも効くの?

 

ワキガの原因は、アポクリン汗腺というところから出る汗のこと。

 

反対に、手のひらなどに多いエポクリン線から出る汗はほとんどにおいません。

 

ワキにあるアポクリン線から出る汗は、皮膚に含まれる菌と交わることによって強烈な匂いを放ちます。

 

通常の人はそうでもないのですが、ワキガの方は独特のにおいを放ちます。

 

桑エキスがこの強烈な匂いを消すのかというと・・・

 

これは程度によるとしか言えません。

 

通常のワキから出るかすかな匂いくらいなら、防止はできます。

 

しかし、ワキガ体質の方のワキガには少しは抑えてくれるという程度で、完全に効くとは言えません。

 

ワキガの人は清潔にしていても、遺伝など体質によるものが多いです。

 

ですから、外からワキガ対策のクリームを塗ったり、内側からは食事に気をつけたりしてケアすることが必要です。

 

場合によっては(症状が重くて、どうしても治したい方など)外科的な手術が必要な時もあります。

 

 

まとめ

 

アットベリーは、通常程度のワキのニオイなら抑えてくれます。

 

現に、「黒ずみ対策に使っていたら匂いが気にならなくなった。」

 

「塗ってすぐに汗のにおいが消えた。」

 

という口コミも多いです。

 

ですが、過度の期待は禁物です。

 

本格的なワキガには、専用の対策が必要ですので、アットベリーだけに頼らず、ほかの商品を探すか、場合によっては専門医を受信するなりすることが必要です。