アットベリー スキンケア大学

アットベリーはあの有名なスキンケア大学でも紹介されているの?

 

 

薬用アットベリージェルは、もっとも有名で信ぴょう性も高い美容情報サイト「スキンケア大学」でも紹介されている商品ですのでちょっと抜粋してみました。よかったら参考にしてみてくださいね。

 

この記事を読んでいるあなたは、「スキンケア大学」をご存知でしょうか?ちなみに聞いたことのないって方のために簡単に説明すると、お肌のお手入れに関する情報を中心とした美容や健康の専門サイトです。内容も素人が勝手に書いたものとかブログみたいな情報じゃなく、医師や管理栄養士、プロのビューティーアドバイザーなどが書いていたり編集したりしている極めて専門性が高いサイトです。

 

色んなところで引用されたり、主にお肌とかの事を調べていると頻繁に出てくるサイトですのでご存知の方も多いはずです。

 

スキンケア大学のサイト趣旨は文頭に書いてある、ライフスタイル全体を通してスキンケア、つまりお肌のことを考えるといったことで、化粧品の使い方や洗顔方法、食事や睡眠などの生活全般にまで及びます。

 

内容はすごく専門的ですけど、わかりやすくって参考になります。見たことや読んだことがある方は知っていますよね。

 

そんなスキンケア大学の中に、薬用アットベリーは「ワキや二の腕、ひじ、ひざの対策に!」ということで紹介されています。このサイトで紹介されるという事は、当然信用できるという事です。成分とかに添加物とか変なものが入っていたり、効果自体が怪しいものとかはまず紹介されませんよね。

 

だって、特に医師とか管理栄養士は責任あるポジションの仕事ですし、偏った意見や誤った事とか言っていたらたちまち信用を失って仕事ができなくなりますもんね(笑)つまりそれだけ信用が高いってことです。

 

あと、同じスキンケア大学の中でも「ワキの黒ずみ予防」について紹介されていますので、一部を抜粋して紹介してみたいと思います。

 

ワキが黒ずんでしまう原因は、2つに分類されるそうです。一つがメラニン色素の沈着でもう一つが皮脂やは角質の詰まりという事。また他のページではワキが黒ずんでいるとなかなか解消は難しいし、急いで隠すにはファンデを塗るしかないでしょうってことです。あまりお勧めはしていないみたいですが。

 

予防方法もきちんと書かれていますね。

 

一つ目のメラニンの沈着は刺激によっておこるという事です。メラニンを作るメラノサイトという細胞は刺激を敏感に感じ取ってしまうらしいです。特にワキはカミソリなどのムダ毛処理によって常に刺激を受けますし、カミソリ処理してなくても腕は動かすので、どちらにしろこすられたりして常に摩擦とかの刺激があるということ。だから黒ずんでしまいやすいんですね。さすが専門家!って感じです。

 

まあ、生活していくうえで腕を動かさないわけにはいけないし、服を着たら当然衣類の摩擦もありますので、人によって強弱はありますけど避けて通れないって事ですよね。

 

あと皮脂や角質汚れも、制汗スプレーや摩擦などでもできるので避けられないということです。

 

スキンケア大学は、こういった刺激、特にワキのムダ毛処理が最も肌に負担をかけると書いてあります。脇の下って思っているより皮膚が薄くてデリケートなんで余計に刺激に対して気を付けないといけないってことも。ワキ処理のあとは化粧水や乳液できちんとケアしましょうってことですけど、これは皆さんやってますよね。もしアフターケアせずに剃りっぱなしで洗い流したままで終わる人はきちんとケアしましょうね。

 

あと、スキンケア大学では、ワキのムダ毛処理はできれば医療機関でも処理をした方がいいという事です。現実的には費用や時間がかかるのでじょりじょりやってしまいがちですが、こうやって専門家の人にわかりやすく解説されるとやっぱりちゃんと納得してしまいますよね〜。私もワキの毛くらいはいつかは脱毛しに行きたいなと思っています。ちなみに脱毛エステを考えている人にクギを指すようですけど、脱毛行為は医療行為ですので、正確には医療脱毛しか認可されていないそうですので気を付けたいですよね。

 

で話は黒ずみ対策に戻りますけど、ワキの黒ずみは原因としては避けて通れないし、個人差はあるけれど、薄着や水着の季節だけじゃなくって年中気になるものですし、できれば事前に予防したいですよね。とにかく刺激を与えないように気を配ることや、カミソリや毛抜きで処理してしまったって後は時間がなくても必ず保湿クリームでケアすることが大事だと実感しました。

 

そして、少しでも黒ずみが気になったら、早めに薬用アットベリーでケアする事をお勧めします。黒ずみが濃くなればなるほど治るのも遅くなりますし、ワキガ黒ずんでいるって自覚している間は気持ちも憂鬱ですし、なにか行動しようとしたりとか恋愛にも消極的になってしまいますよね。

 

早めのケアで「キラキラ女子の仲間入り」しましょう。

 

>スキンケア大学も推薦の薬用アットベリー