アットベリー シミ

アットベリーは黒ずみだけでなく、シミにも効果的?

 

 

薬用アットベリーはシミにも効果があるのでしょうか?

 

黒ずみケアができる人気の美容液ですので、シミにも使えるんじゃないかなと思いますが・・・

 

詳しく調べて見たいと思います。

 

 

黒ずみとシミは違う?原因は?

 

ワキやひじなどにできる黒ずみと、顔などにできるシミ。

 

黒ずみは、主に摩擦や刺激、乾燥などによってできます。

 

シミは、紫外線や加齢によるターンオーバーの乱れによっておこるもの。

 

できる過程は違っても、根本的な原因はメラニンの色素沈着です。

 

あと、くすみや目の下のクマ、そしてそばかすなども大きく分けると同じ原理です。

 

つまり、どれもお肌のターンオーバーを促し、新しいお肌が再生することによって徐々に治っていくものです。

 

アットベリーに含まれる成分は、ターンオーバーを促進するので、これらのどれにでも働きかけ、改善にもっていくんですね。

 

 

アットベリーの成分の特徴

 

アットベリーは、高品質の美容成分が95%以上配合されています。

 

基本的には美容液ですが、化粧水と美容液、そして乳液の働きを取り入れたオールインワンのジェルに、コラーゲン、ヒアルロン酸などがナノ化して配合されています。

 

ナノ化された成分がお肌の奥にまで浸透します。

 

それと、美白成分として有名なグリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキスの主成分がメラニンの生成を抑えてくれてシミや黒ずみの原因をどんどん改善し、白くて明るい肌を作ってくれます。

 

あと、セラミドやエラスチン、甘草フラボノイド、トレハロースなどいずれも美肌を保つ成分を配合しています。

 

また、オール無添加の日本製なので安心して使えるのも特徴です。

 

 

顔にもつけていい?

 

アットベリーはワキの黒ずみや二の腕のブツブツケアなどに人気ですが、その使い心地の良さに、顔に使っている方もいらっしゃいます。

 

例えば黒ずみケアのときのついでに、気になるシミの部分にひと塗り。

 

あと、目じりの小じわやニキビのできやすいところ、乾燥した小鼻周りなどにも使う方が多いようです。

 

早めに塗れば、できてしまったシミやくすみにも働きかけ、内側からターンオーバーを促してくれます。

 

加えて保湿効果も高いので、シミの後の予防にもいいようですね。

 

アットベリーは黒ずみケアをうたっていますが、このようにお肌全体のコンディションを整えますので、シミにも効果があるというわけですね。

 

低刺激なので、敏感肌や乾燥肌にも安心です。

 

あなたも気になる部分に少量使ってみませんか?

 

アットベリーの美容効果にきっと満足いくと思いますよ。

 

 

>アットベリーの口コミを見てみる