アットベリー 生理中

アットベリーは生理中でも使っていいのか検証!

 

 

薬用アットベリーは敏感肌の人も使える成分の黒ずみケアクリームジェルとして有名ですが、生理中ももちろん使っていいのか?注意すべき点とかはないのかについて説明していますので気になる方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

アットベリーは毎日使ってこそ本来の力を発揮します。成分も無添加・無着色ほかオールフリーなので肌に刺激を与えるような成分は入っていません。これも発売良い以来ずっと売れている理由だと思います。

 

で、女性にとって生理はつきものですね。ですからこのページは男子は関係ないので読まなくていいです(笑) というのは冗談ですので、ぜひ彼女や奥様に見せてあげてくださいね。

 

生理中は個人差がありますが、ホルモンバランスが乱れたりする期間ですので身体は結構デリケートな状態になります。特に生理痛がひどいとか体調がダウンするとか、気持ちの落ち込みが激しい人は色々と大変ですよね。

 

そんな生理中でも基本的に黒ずみケアは続けてもほとんどの場合は問題ないとは思います。実際私もワキや二の腕、ひじは毎日ケアしているので問題なくアットベリーを塗っていますし何も起こったことはありません。

 

そこで、もし生理中に使って問題が起こる可能性があるかどうか?考えられることを予想してみました。アットコスメとかの口コミにも生理中の使用とかも特になかったようなので、あくまで私の考えですよ。

 

まず、アットベリーデリケートゾーンの黒ずみケアをしている方、生理中の使用はできれば控えた方がいいかな?って思います。アットベリーはかなり優しい成分配合ですので、相当な敏感肌にも対応できると聞いています。ですけど生理の症状は人さまざまです。

 

生理中のデリケートゾーンはナプキンで蒸れやすくなります。タンポン派の方も一応参考にしておいてください。蒸れるとかぶれちゃったって経験はありませんか?いくら安心成分のアットベリーでも、わざわざ蒸れているところやましてやかぶれているところに塗るのはいただけないかな〜と思います。全然大丈夫だし、ナプキンが触れないところだから塗っちゃってるよ〜って方も実際にはいらっしゃると思いますが。

 

ともかく生理中はデリケートゾーンの内側へ行けば行くほど使うのは控えた方がいいかなって思います。VIOでいえば、Iゾーンに近いところとか。Oゾーンに使っている方はあまりいないと思いますので・・・。また、デリケートゾーンに使ったからといって重大な事態になるとかは考えにくいんですが、保湿成分が高い効果なので蒸れが悪化したりする可能性はありますね。せめて生理中の期間だけはケアしなくても、終わってから思う存分(?)できますので安心してください。

 

あと、これは個人差があると思うんですが、生理中におっぱいが張る人。私はあまり張らないので問題ないんですが、友達に生理中は胸が張って乳首がこすれたりしたら少し痛いって言う子がいます。乳首がいつもより敏感になっていますので、もし乳首の黒ずみケアに使っている人も、生理中の数日は控えた方が賢明かもしれませんね。

 

生理中はどうしてもデリケートゾーンがとくに本当にデリケートになっているし気持ちも沈みがちなので余計に黒ずみが気になったりしますよね。実際にVゾーンとかのメラニンの生成は生理中の方が活発化すると言われていますので余計に不安ですね。

 

言われなくてもわかると思いますが、黒ずみケアとかしている人は、ナプキンをマメに変えて清潔にする、刺激を与えないためにカミソリでのムダ毛処理は控える、そして黒ずみケアも敏感な部分に影響を与えないようにするって事が大事ですね。

 

でも逆に考えると、保湿をして乾燥を防いで黒ずみケアをするっていう意味では使ったほうがむしろいいのかな?とも思うし、実際使っている方もいるって聞きました。しかし、自分の体の状態は自分が一番知っているはずです。

 

アットベリーを使っていて、なにか違和感を感じたとかいう場合は洗い流して生理期間中は使わないことをお勧めします。

 

あと、生理中に顔にニキビや吹き出物ができることも多いと思いますが、これはもうアットベリーの出番ですね。優しい成分+保湿+美容効果でいい感じになりますよ♪

 

 

>敏感肌にも使えるアットベリー