アットベリー ラポマイン

アットベリーとラポマイン、一緒に使っていいの?

このページではアットベリーとラポマインを比較してみたり、一緒に使っても大丈夫なのかって言う記事を書いていますのでよかったら参考にしてみてくださいね。

 

アットベリーでワキケアって調べて見ると、ラポマインって商品を見つけました。

 

アットベリーはワキの黒ずみケア、ほかにも二の腕のブツブツや肘膝の黒ずみとか全身の美肌に使えます。

 

対してラポマインは、ワキガケアに特化した商品です。

 

この点は同じワキケアでも全然違うところですよね。

 

ラポマインは保湿、殺菌、制汗の作用でワキガを抑えてくれるクリームで人気です。

 

なんかワキガだけじゃなくってデリケートゾーンにも使えるとか。それもそのはず、ラポマインも無添加無着色をはじめオールフリーのワキガケアクリームなんですね。

 

なら、同じくオールフリーで無添加のアットベリーとも併用できるんじゃないでしょうか?

 

私はワキガの症状は今のところないのですが、ワキガの症状があってなおかつ黒ずみがあって・・・ってダブルの悩みがある人ってつらいですよね。

 

で、黒ずみとワキガ、同時にケアできないものかとふと思ったんで、併用できるかどうか気になりました。

 

一緒に塗ったら両方同時にケアできるんじゃない?イヤイヤ、成分同士が変に混ざり合って効果がないどころか症状が悪化する?それどころかそもそもお肌に負担をかけて肌荒れを起こしたりできものが出来たりとかとんでもないことが起こりそうで・・・

 

色々心配な点は立ったんですが、調べて見ると結論は・・・

 

併用OKみたいです!

 

両方とも天然成分主体かついいものを使っているのでむしろ相乗効果があるみたいですね。

 

そういえばアットベリーにも匂いケア成分が含まれているけどどうなんでしょうか?

 

確かにアットベリーには「ワレモコウ」って言う成分が含まれており、匂いケアの役目を果たします。しかしワレモコウの働きは「収れん作用」。つまりお肌を引き締め、毛穴も引き締めて目立たなくしてくれる作用ですね。化粧水なんかにも良く含まれているそうです。

 

アットベリーの匂いケアというか匂いを抑える作用はこれオンリーです。あくまで黒ずみケアが主体です。ワキガの症状がなくって、少し汗ばんだら匂いが気になるかな?程度の方だったら快適に使えると思います。しかしワキガの症状が出てしまっている人には効果は薄いかもしれないですね。

 

ですから黒ずみ&ワキガ両方に悩む方はやはり併用することをオススメします。

 

併用するときにどちらを先に使うと思います?正解は「どっちが先でもOK」という事です。

 

しかし、ワキガって深刻な悩みですので一刻も早く治したいですね。優先順位としたら、ワキを見せないとわからない黒ずみより、汗を少しかいたりしただけでも「ニオイ」で周りの人に気づかれてしまうって言うワキガの症状を先に直したいですよね。

 

ですから本当の正解は、ラポマインを先に塗る、でした。

 

ラポマインを塗ることにより、保湿はもとより殺菌と制汗成分を先に肌に染み込ませます。これによってまずニオイをシャットアウト。

 

その上からさらに美容・保湿成分たっぷりのアットベリーを塗りこむことで黒ずみケアを徐々にしていきます。

 

塗る順序は誰かが比べたとかいうわけじゃないんですが、優先順位とか商品の特性を考えるとそうした方がいいですよね。口コミを探せばあるかも知れませんが。

 

あと、気になるのはお値段。

 

アットベリーの定期購入は、初回が2980円、2回目以降は5440円。

 

ラポマインの定期購入は、初回2850円、2〜3回目は5700円、4回目以降は5130円。

 

つまり、両方同時にケアを始めると初月で6000円、2回目以降は1万円を超えます・・・・

 

お財布にはちょっと優しくありませんが、それでもワキガと黒ずみって二重の苦しみを我慢するのに比べればそんなに高い金額ではないと思います。どちらかが解消されれば1つでいいですし、両方とも返金保証がついていますし。

 

余談ですが、実はラポマインにも逆に、美白効果が期待できる成分が含まれているんですよ。

 

その成分って、一つはイソフラボン。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることで有名ですね。化粧品やサプリにもたくさん入っています。もうひとつはビタミンC。ビタミンCは言うまでもなく美容にい効果のあるビタミンです。

 

イソフラボンとビタミンCが入っているという事は、ラポマインを塗っていると少なからず美白効果も期待できるんじゃないかって思っちゃいますよね。

 

しかし、これらの成分は匂いを絶つために酸化を防ぐ、つまり抗酸化作用っていう役割で配合されているみたいです。ですから、量的にはとてもじゃないけどワキの黒ずみを薄くしたり白くしたりする働きのレベルまではいかないようですね。

 

というわけで、アットベリーとラポマインのそれぞれの特性や、一緒に使っても大丈夫なのかについて書いてみました。

 

お悩みがある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

>臭いを99.9999%カットのラポマイン

 

>黒ずみ対策・美ワキケアにアットベリー