脇の黒ずみ オロナイン

オロナインがワキの黒ずみに効果があるって本当?

 

 

擦り傷、切り傷などの外傷の治療や、火傷や水虫などの皮膚トラブルまで、昔から愛用されているオロナイン。

 

このオロナインですが、ワキの黒ずみにも効果があるって本当でしょうか?

 

 

オロナインの成分は?

 

オロナインの成分は・・・

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg・ラウロマクロゴール・ポリソルベート80・硫酸Al/K・マクロゴール・グリセリン・オリブ油・ステアリルアルコール・サラシミツロウ・ワセリン・自己乳化型ステアリン酸グリセリル・香料・精製水

 

全成分見てみましたが、やはり、傷や皮膚トラブルの修復を促す効果があるものばかりです。

 

効果・効能は・・・

 

効能・効果はにきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

 

って感じで、あくまで外傷から水虫、そしてしらくもなんかにも効くみたいです。

 

(しらくもって、昔の日本で流行ったみたいで男の子は坊主にしていたみたいですね・・・)

 

ただ、お肌のトラブルに効果があるっていうことは、ワキの黒ずみにも効いてくれるんじゃないかって期待しちゃいますよね。

 

ネットなんかでもまことしやかにそんなウワサがあります。

 

真実は・・・

 

脇処理の後の炎症とかには確かに効果あります。

 

ただ、毛穴の黒ずみなんかに使用していると、皮脂汚れが溜まってしまってよくない結果になりそうですね。

 

あと、メラニン色素で黒ずんでいる場合も、特に効果はなさそうです。

 

オロナインパックって聞いたことありますが・・・

 

たしかにオロナインパックって、専門家の方もしているみたいです。

 

オロナインを化粧水で希釈して、小鼻まわりなど気になる部分に塗るというもの。

 

これでお肌がしっとりして、毛穴の開きをある程度予防してくれるというもの。

 

しかしオロナインは外傷薬ですので、あまり多用しているとこれもお肌によくありません。

 

お肌のケアにはやはりそれ専門の美容液などを使うほうが無難かなと思います。

 

 

オロナインは医薬品

 

オロナインは、ご存知の通り医薬品です。

 

繰り返しますが、美容目的で使うものじゃないと思います。

 

例えば、何もないのに毎日顔に傷用の絆創膏を貼っていると、お肌にダメージがありますよね。

 

それは、傷用の絆創膏は、あくまで傷を治すことを目的にしています。

 

オロナインもそうですね。

 

薬というのは、いざという時に使うようにしましょう。

 

 

ということで、脇の黒ずみにはやはりそれ専用の美容液なりジェルクリームを塗るのがベストですね。

 

 

>>ワキの黒ずみ美容液は顔に使ってもいいの?