アットベリー 埋没毛

アットベリーは埋没毛のボツボツなんかにも効果あるの?

 

アットベリーは、メラニン色素の沈着で黒ずんでしまったワキやひじ、膝などの黒ずみをケアして白くしていく効果がありますが、埋没毛でできてしまったブツブツにも効果があるのでしょうか?調べて見ましたので、埋没毛が気になる方とかは読んでみてください。

 

 

埋没毛って知っていますか?何となく聞いたことがあるって言う方も多いでしょうし、実際なやんでいるって方もいらっしゃるでしょうね。

 

埋没毛って間違ったムダ毛処理を繰り返す事で起こるらしいです。簡単に言うと皮膚の表面から見えますが、中で毛が伸びている状態ですね。それだけ聞くと知らない人はびっくりするかもしれませんが、例えばカミソリをムダ毛の流れに逆らって処理を続けていたりしたら、肌が傷ついて修復の時にムダ毛の生えてくるところに蓋をした状態になります。

 

ムダ毛は生えようと頑張っても、皮膚が上にあるので、中で伸びちゃうわけですね。考えてみたらちょっと怖いですけど、症状になっちゃった人は深刻なのも無理ありませんよね。

 

で、アットベリーはお肌の奥まで浸透するし、コンディションを整えて黒ずみをケアしてくれますので、ひょっとして埋没毛にも効果があるのかなって思っちゃいますよね。

 

残念ながら、アットベリーには埋没毛までは修復したり治したりする効果は期待できません。

 

埋没毛はどうして治すかというと、やはり専門の医療脱毛とかでレーザーで施術するのが一番という事なので、まず専門のクリニックを訪ねて見ることが大事ですよね。

 

あと、自分で治す方法もあるらしいのですが、これは埋没毛の状態とか、症状とか、肌質とかによって変わってきますのであくまでも自己責任で行ってくださいね。

 

まず、保湿のクリームを塗ります。これはアットベリーでもいいですし保湿できるなら市販のクリームでいいです。そのあと角質を落とします。スクラブとかを使って古い角質を落とします。スクラブは粒子が粗めの商品の方が角質が落ちやすいです。角質を落としたら埋没毛が出てくることもありますのでそれはそれでラッキーです。

 

スクラブでも出てこない場合は、そのあとピーリングしてみます。ピーリングとスクラブって同じことするのって思うかたもいらっしゃいますよね。でもピーリングはどちらかというと角質より毛穴汚れに効果がありますので。毛穴の汚れやつまりをのけてしまえば埋没毛が出てきて抜ける可能性も高いです。これだけで埋没毛が出てくる可能性は結構高いので、ぜひやってみてください。

 

 

あと、どうしても抜けない埋没毛は毛抜きで抜くという手段もあります!しかし、毛抜きは失敗すると途中でブチって毛がちぎれてしまう可能性がありますので、慎重にしてください。皮膚を蒸しタオルなんかで十分にあっためておくことがおススメです。失敗してしまったら新しい埋没毛になってしまますので注意が必要ですね。

 

どちらにしても埋没毛の処理には結構手間がかかりますし、失敗すると残ってしまうリスクもありますので、できればならないように普段からのムダ毛処理には気を付けた方がいいです。

 

注意する点としては、古いカミソリを使わず頻繁に買い替える、毛抜きやワックスは皮膚を傷めて埋没毛を作りやすくなるのでなるべく避ける、同じところを何回も剃らない、毛並みに逆らって剃らない、など、優しいムダ毛処理をするよう気を付けましょう。

 

特に埋没毛で悩まされがちなのが、脚やワキ。あと、腕やVラインなども頻繁に自己処理するって方は注意が必要です。特にワキやVゾーンは皮膚がデリケートなので、埋没毛を自己処理したりしていたらお肌を痛める可能性も高くなりますし、炎症を起こして赤くなったりしたらちょっと見せられなくなりますよね。

 

お肌のコンディションを整えて滑らかにするということであればアットベリーも役立ちますが、埋没毛そのものには直接効果はありませんので、やはり普段からの自己処理には注意が必要ですね。

 

以上のようにアットベリーでは対処しきれない埋没毛の原因と対策について書いてみました。

 

埋没毛に悩んでいる方とか、「もしなったらどうしたらいいんだろう。」とか不安に思う方はぜひ参考にしてみてください。悩んでいる友達に教えてあげるのもいいかもですね。

 

 

>ワキやVラインの黒ずみケアなら薬用アットベリー