アットベリー 顔

アットベリーは顔に使っても大丈夫なジェルクリームなの?

 

 

アットベリーは黒ずみ対策の商品ですが、顔に塗っても大丈夫なのでしょうか?

 

答えは「大丈夫」なんです。

 

アットベリーは美容成分がたっぷり配合されており、しかも無添加の薬用ジェルクリームです。

 

しかも、敏感肌の方にも安心して使えますので目などに入らなければ顔に塗っても大丈夫なんです。

 

では、顔に着ければどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

参考までにあげておきます。

 

 

保湿によるニキビ改善・防止効果

 

アットベリーにはたくさんのコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が配合されています。

 

ですから乾燥からくる大人ニキビの改善や予防に効果があります。

 

 

美白成分によるシミ・くすみ・そばかすの改善

 

同じくアットベリーには美白効果の成分が配合されており、お肌のターンオーバーを促進させます。

 

シミやくすみ、そばかすなどのお肌トラブルを改善し、明るいお肌に導いてくれます。

 

 

目尻の小じわなどの改善

 

同じく美容成分がお肌にハリをもたせますので、目尻の小じわとかにつけてもいいです。

 

また、ほうれい線に使っているという方もいらっしゃいます。

 

 

小鼻まわりや口もとのカサカサに

 

乾燥する季節こそ、アットベリーの保湿成分が役立ちます。

 

また、ストレスや寝不足などでお肌の調子がちょっと・・・というときに、気になるところにひと塗りすればいい感じになるようです。

 

 

ニオイやベタつきは気にならない?

 

顔専用クリームではありませんので、顔に使えばニオイやベタつきが心配ですよね。

 

まずニオイですが、アットベリーはフローラル系の香りがかすかにしますが、ほとんどの方が気にならない、もしくは心地いい香りという感想です。

 

よほどこの香りやニオイに抵抗があるという方以外はまず大丈夫でしょう。

 

次にベタつきですが、アットベリーは保湿成分が多いので、多めに塗ると最初はベトつき感を感じる方もいらっしゃいます。

 

しかし適量であれば浸透力にすぐれていますので、洗顔後に塗っても大丈夫という方が多く見受けられます。

 

 

以上がアットベリーを顔に使った場合の効果です。

 

アットベリーはあくまで「黒ずみケア」の商品ですが、ピンポイントと言うか、黒ずみケアしたあとに、顔の少し気になる部分にちょっとひと塗りすればいい感じになると思います。

 

黒ずみケアも、顔のニキビやシミも、気づいたときにすぐにケアするのが肝心です。

 

アットベリーを使おうと思っている、または使い始めたという方、「ちょっとひと塗り」を試してみてもいいかもですね。

 

 

>顔に塗ってもいい成分ってどんなものが含まれているの?