アットベリー 解析

アットベリーの成分や作用、そして使い方までを徹底解析!

 

 

ここでは、アットベリーの成分や使い方が気になるって方のために商品を解析しています。興味があるという方はもちろん、もう使っているっていう方もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まず、アットベリーのすべての成分一覧を書き出してみました。

 

【有効主成分】
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

 

グリチルリチン酸2Kって、天然の甘草の茎から抽出した成分で、かなり強い消炎作用があるので化粧品などに配合されています。強力であるにも関わらず敏感肌や乾燥肌に刺激を与えない構造になっているんですって。けっこう不思議と思いません?

 

あと、水溶性プラセンタエキスですが、プラセンタは広く知られるようになりましたがもともと胎盤という意味ですね。赤ちゃんがお腹にいるときに必要な栄養素が入っています。これがなぜ美容にいいかというと、細胞を活性化して新陳代謝を高めるのが大きな特徴ですね。ターンオーバーを促進すれば、シミやそばかすなどの色素沈着も防いでくれますし、あと保湿機能や血行促進などたくさんの効果が期待できます。

 

【その他の配合成分】
トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸 Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

 

有効成分はたくさんあって全部の効能まではここでは書ききれません。すべての成分が相互に作用しあって、黒ずみを改善してくれたり、保湿肌を保ってくれたりするんですね。

 

 

あと、アットベリーはこの商品独自の方式があります。公式サイトにも書いてある「トリプルサンド方式」って言うんですが、要は小さいミクロの成分はお肌の奥まで浸透してくれて、逆に大きい成分は外側にとどまってくれます。その間には保湿に優れた成分が滞留して、成分を長持ちさせるほか、外的な刺激からお肌をガードしてくれるというわけです。

 

 

これら全成分を解析してみてもわかるように、着色料やシリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤や鉱物油、アルコール、パラペンなどの成分も含まれていません。人口的な化粧品に含まれているような成分はないということです。ですから敏感肌の方も使えますし、全身使える成分ですので顔にも使っている方もいますね。

 

 

>アットベリー

 

 

【使い方について解析】

 

使い方については説明書にかいてあるし、公式サイトにもありますが、1円玉大のアットベリーを手に取って気になる箇所に優しく塗るわけですが、その時、体温であっためることと、二度塗りすること、そして朝晩2回のケアを進めていますね。

 

まずなぜ温めるのか、冷たかったらいけないのかはわかりますよね。体温に近いと浸透力がより100%に近くなるということです。

 

そして二度塗りするのは、同じ量を一回塗るより効果が大きいから。1度目に塗った成分は浸透していって、2度目に塗った成分は蓋をして保湿をキープするというわけです。ほかの化粧品やジェルクリームを使うときにもなんだか応用できそうですね。

 

そして朝晩2回の使用は、当然成分をできるだけ長い時間お肌にキープさせておくという事ですね。

 

言い忘れていましたが、アットベリーの定期コースについている「フルーツの雫ピール石鹸」でお肌を洗ったあとにアットベリーを使うとすごく相性がいいですので試してみてくださいね。

 

 

以上、アットベリーの成分および有効な使用法のを解析してみました。あなたも使用する際は参考にしてみてくださいね。

 

 

>正しく使うと効果抜群のアットベリー