アットベリー 重曹

アットベリーと重曹、ワキの黒ずみにいいのはどっち?

 

ワキの黒ずみに人気のアットベリーですが、薬局で売ってる重曹が値段もお手頃で、黒ずみにも効果があるということですので、どっちを使ったらいいのか検証してみたサイトです。

 

重曹って昔っからありますよね〜。

 

うちのおばあちゃんも掃除とかに使ったりしていました。懐かしいです。

 

で、この重曹って、色んな事に使えるそうですね。美容だけじゃなくおそうじとか料理とか、あと脱臭効果もあるそう。

 

重曹ってあまり聞いたことない人もいるかもしれませんが、こんにゃくを固める凝固剤に使われたりとか、薬なんかとしても使われているそうですよ。正式名称は炭酸水素ナトリウムってなんか身体に悪そうですが、身体には無害です。

 

この重曹、薬局やドラッグストアで「えっ?」って思うほど安い値段で手に入ります。掃除用だったら1kgで500円もしないとか。

 

で、この重曹で注目すべきなのが、昔から美白効果があって使われているそうです。

 

真相はどうなのか?そんなに安い価格なら重曹でワキの黒ずみケアしたらいいんじゃないのかっていう疑問が出てきますよね。詳しく調べて見ました。

 

重曹は今使っている人はお風呂やキッチンの掃除が多いんじゃないでしょうか?

 

あと料理なんかだと、お菓子やパンの膨らし子として使う人もいますが、重曹独自の匂いや苦みが出てしまいますので、これはべキングパウダー使った方がよさそうです。

 

ちみに掃除用の重曹は口にしない方がいいということも初めて知りました。

 

そして気になる黒ずみ効果ですが、重曹は炭酸水素ナトリウムという物質なので化学変化を起こします。

 

詳しく言うと重曹は弱アルカリ性。

 

対してお肌の黒ずみになる皮脂汚れは酸性なので、両方を混ぜると中和されて汚れ落ちの効果があります。

 

そのため、ひじやひざ、かかとの黒ずみに使ったり、毛穴つまりの汚れや角質汚れを中和して流してくれます。

 

では肝心のワキへの黒ずみはというと・・・

 

残念ながら効果はありません。

 

なぜなら、ワキの黒ずみの原因はメラニン色素の沈着なんですよね。重曹が効果があるのは肌表面の毛穴汚れや角質・角栓です。メラニンは肌の奥にあるメラニンにまでは作用しません。

 

また重曹は掃除にも使われているように研磨剤に似た成分を含んでいますのでお肌の表面に細かい傷をつけたりする原因にもなります。細かい傷はさらに皮膚を刺激してしまうのでメラニンの生成を促進して新たな黒ずみの原因になってしまいます。

 

黒ずみを摂る目的なのに、増やしてしまっては元も子もありませんね。

 

ですからいくら安いからと言って、ワキの黒ずみに重曹を使うのはNGという事になりますね。

 

どうしても使ってみたい!って方は、重曹:水=2:1くらいの割合で混ぜれば重曹クリームが出来上がります。

 

かかとやひざの黒ずみなんかだと多少摩擦刺激があっても大丈夫だと思いますので興味がある方は試しに使ってみてください。

 

脇の下は皮膚が薄く、腕を動かしたりして摩擦するので思った以上にデリケートなんです。ですから人間は脇毛を生やして守ろうとする本能があるんですね。それをわざわざ(?)脱毛しているんですからなんか皮肉なものです。余談ですが、わき毛は汗のニオイを外にまき散らして、異性へのセックスアピールにも使っていたそうです。いずれにしろ大昔の話ですね(笑)

 

デリケートな部分だからこそ、保湿や美容効果に優れたクリームでケアしたいですよね。

 

特に敏感肌や乾燥肌とかもともとお肌が弱い人はクリーム選びにも気を付けた方がいいですね。

 

アットベリーはまさに敏感肌とか、乾燥がひどいとかって言う人にうってつけです。保湿成分をたっぷり配合して、化学物質などオールフリーですので安心して使えます。

 

万一効果がなかったとかお肌に合わないという場合も返金保証がついているのも魅力の一つです。

 

最初に戻りますが、くれぐれも重曹でワキの黒ずみを取ろうとか、実験もしないでください(笑)どうしてもしたい場合は自己責任でお願いします。

 

 

 

>アットベリー