アットベリー ジェル

アットベリーはジェルタイプのクリームだから浸透にいいの?

 

 

このページは、アットベリージェルタイプであることのメリットなどについて書いていますので興味のある方は読んでみてくださいね。

 

薬用アットベリージェルタイプのクリームの黒ずみケアです。

 

ジェルタイプって、なぜいいのか特徴を見てみました。

 

浸透力が抜群

 

ジェルタイプのクリームは、ちょうどいいテクスチャーなので、塗った後もすっと馴染んで保湿を保ちます。
硬めのクリームとかだと、ちょっとべとつきとか、塗った後に不快感が残ったりしますので、やはりジェルのほうがいいですね。

 

肌着や衣類につきにくい

 

浸透がいいと、塗った後でも衣類につきにくいです。
これもベタつく商品とか使っていると、あとあと不快になったりしますよね。
その点、ジェルタイプだと安心です。

 

強くこすりつけなくてもいい

 

アットベリーは、塗るところに強く擦り付けなくてもいいんです。
強く塗れば早く浸透するかな?って言う方もいらっしゃると思いますが、ジェルタイプだとむしろ優しく塗ったほうがいいです。
お肌も痛めませんね。

 

油性タイプでないので嫌な感触がしない

 

これはアットベリーは油分を含むものを使用していない、水性タイプのジェルだからですね。
油性タイプのジェルってほとんどないと思いますが・・・

 

硬さがちょうどいい

 

これも塗った時に感じると思いますが、アットベリーの硬さってほんとに気持ちいいくらいにちょうどいいんです。
気持ちいい硬さと馴染みの良さはポイントですね。

 

温めると効果倍増

 

これはジェルタイプのアットベリーの使い方で重要なんですが、冷たいままで使うより温めたほうがいいんです。
指先でとった時に体温で少し温めてから塗ってみましょう。
馴染みが違いますし、少量でも浸透します。
急いでいるときでも冷たいまま塗らないほうがお肌との相性はいいですよ。

 

 

というわけで、ジェルタイプのメリットを上げてみました。
反対にデメリットというと難しいんですが・・・

 

固形タイプとか完全な液状タイプでは使いにくいということでしょうね。

 

ということで、やはりジェルタイプがメリットが大きいということですね。

 

>ジェルタイプで馴染む、薬用アットベリー