アットベリー 副作用

アットベリーは本当に副作用はないの?使ってみたいけど敏感肌だけに心配です。

 

 

このページでは、薬用アットベリージェル副作用があるのかどうかについて調べて見ました。もうアットベリーを使っている方はもちろん、これから試してみようと思っている人はぜひご覧ください。

 

アットベリーに限らず、新しい美容液とか化粧品を使い始めるときとか、友人に「これいいよ〜!」って勧められたんだけど自分の肌に合うかどうか心配ですよね。私も最初アットベリーを使うときは不安でした。黒ずみ効果とか美容効果は高いけど、よく効くってことは副作用の可能性もあるんじゃないの?って。

 

皆さんも新しい商品にチャレンジするときは、効果に期待するのはもちろんですが、やっぱりお肌につけるものなので副作用があるかどうかとか心配じゃありませんか?

 

特に美白化粧品なんかは、覚えていらっしゃる方も多いかなと思いますが、数年前の某化粧品大手メーカーの白斑事件ですね。結構ニュースでも取り上げられましたし、実際多くの方が被害にあわれていたという事で回収騒ぎになりましたね。

 

アットベリーを買う前に、副作用の報告があったかどうか、また成分はどうなのか、とか口コミサイトでも、悪い口コミの中に副作用的なものが原因になったようなものがあったのか、ちゃんと調べて見ることにしました。

 

まず、薬用アットベリーですが、いろんなサイトを見たり、過去の事を調べてみたんですが、実際、「副作用」と呼べるようなものは一切なかったという事実です。本当かな〜って思い成分を調べて見ました。

 

アットベリーは、着色料やシリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベンなどお肌に負担があるようなものはオールフリー、つまりまったく配合していません。ゼロです、ゼロ(笑)つまりゼロってことはたとえて言うならミネラルウォーター並みの安全性ですねってちょっと大げさ?

 

成分が自然成分でも天然成分でもアレルギーってあるんじゃないの?ってどこまで疑り深いんだか・・・(^^;って自分で思っちゃいましたが。パッチテストしてみたらいいだけの話ですよね〜

 

ただ、一つ言えるのが、平均保証期間が180日って事実です。「え、何?保証してくれるんでしょ?」って軽い気持ちで考えて通り過ぎるのはもったいないです。メーカーが、最初の一品だけですが、180日間、つまり6か月もの間しっかり使ってみて満足いかなかったら返金できる、たとえ全部使っていたとしてもです。黒ずみケア商品の中でこれだけ長い保証期間をつけている商品はアットベリーくらいなものです。

 

同様な黒ずみケアクリームの返金保証期間を調べて見ると・・・

ピューレパールが60日間
ピーチローズも同じく60日間
ラスターも60日間
イビサクリームは28日間
ヴィエルホワイトが120日間
ココピュアが60日間
ホスピピュアが90日間
ホワイトラグジュアリープレミアムも90日間

 

このように比べててみても、アットベリーの返金保証はダントツに長いことがわかります。返金保証の長さ=思う存分使ってみてください=でもダメなら返金しますよ=メーカーの自信の表れですね。私はこの自信の表れに納得して購入したクチです。

 

アットベリーは長年愛用者も多く、今でも変わらず人気があるという事はうなずけますけど、例えば万一副作用が出たということになると、現代はネット社会ですので一瞬にして広まりますよね。特に悪い噂ほど早いですし大きく取り上げられます。もう何年もそれがないということはこれはもう信用しちゃっていいと思いますし、私は誰にでもお勧めできます。

 

とはいえ、ジェルとかは直接お肌につけるものですし、お肌の質も10人いれば10通りですし、かすかな香りも好みがあると思いますし、パッケージが可愛すぎてちょっと・・・って言う方もいらっしゃるかもしれません(^^)中には「黒ずみなんか全然できないし、保湿の必要もないから、アットベリーも必要ない。」っていううらやましいお肌の持ち主もいらっしゃるでしょうしね。

 

ですからワキに限らずひじやひざとか黒ずみに悩んでいるとか、カサカサが気になるって方にはおススメですし副作用の心配になるような成分も入っていません。それ以外で万一気に入らないところがあっても長い長い返金保証がついていますので安心してお試しできるってことです。

 

以上が、アットベリーは副作用があるのかどうかについての記事でした!(^^)

 

 

>天然成分配合のアットベリー