アットベリー アトピー

薬用アットベリーはアトピー肌の人でも使って大丈夫?

 

 

この記事は、アトピー肌の人でも薬用アットベリーを使ってもいいかという疑問についてまとめました。興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

 

黒ずみケア人気No1のジェル、アットベリーですが、アトピーの症状のある方には使えるのでしょうか?

 

まず、公式サイトのQ&Aを見ると、「アットベリーは着色料・シリコン・石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベン、すべてがオールフリーなのでお肌に刺激を与えないように作られています。ただし敏感肌には個人差がありますので、すべての敏感肌の方にお使いいただけると断言できません。」「ご心配な場合は専門医に相談の上ご使用ください。」とあります。

 

公式サイトですのでこれが正答ですね。

 

では実際にアトピー肌でアットベリーを使った人の体験談から検証したいと思います。

 

 

アトピー性皮膚炎の方の体験談

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種ですので、体の免疫に脳の低下によって発生したり乾燥が原因となって発症したりもします。

 

そんなアトピーにこそアットベリーが役に立ちました。

 

もちろん最初にかかりつけの皮膚科の先生に相談したところ、「成分的には問題なさそうだし、むしろいい成分なので使っていいです。ただし異常を感じたら中止してください。」と許可をいただきました。

 

アットベリーには抜群の保湿力の成分が入っています。

 

特に空気が乾燥して肌が乾燥してきたときにアットベリーを薄く塗ってみると、塗った部分がしっとりして落ち着いた感じです。

 

私自身、アトピーになって長いのですが、アットベリーはすごくあっていますので同じ症状を持っている方にもお勧めしたいです。

 

ただ、私には合いましたが、アトピーはアレルギーの異種です。
人によっては低刺激の天然成分の中にもアレルギー反応を起こす方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですので、やはりかかりつけのお医者さんにきちんと相談してから使用するのがいいと思いいます。

 

以上がアトピーで悩んでいてアットベリーを使った人の体験談です。

 

アトピーの方はやはり要相談ですが、アトピーほど行かなくても乾燥がひどい方や季節の変わり目とかに荒れてしまう敏感肌の方、また黒ずみ対策のみならず保湿が欲しい方にはぴったりだと思いますよ。

 

 

>乾燥肌や敏感肌にも!